Airbnbのはじめかた

Airbnbの運用・始め方・コツを徹底伝授!

【 airbnb 収支 】airbnbでどれくらい儲かるの?実例ご紹介

【 airbnb 収支 】 実例紹介 ~どれくらいかかる?

airbnb(エアービーアンドビー)をはじめる上で一番気になるのは、「どれくらい儲かるか?」というところではないかと思います。特に、投資目的ではじめようとされる場合、なるべく安定して高い利回りが見込めるものに投資したいですよね。

airbnb 収支

そこで、今回は、ホストの方に特別にご協力いただいて、
airbnbの実際の収益について事例を紹介したいと思います。

 今回ご協力いただいたホストの方は、
東京都内でairbnb3件運営されていらっしゃいます。

1. 曙橋 徒歩5分 家賃11万円 201412月末より運営開始airbnb 収支

2. 高田馬場 徒歩6分 家賃12万円 20155月より運営開始
airbnb 収支
3. 恵比寿駅 徒歩6分 家賃9万円 20155月より運営開始
airbnb 収支
これら3つの物件で、7月の売上は9032ドル(約108万円)となっています。

airbnb 収支

では、純粋な手残りはどうなのでしょうか?
こちらは、1件分だけデータを頂いているので、そちらをご紹介いたします。
なお、今回データを提供頂いたホストの方は、
運営業務は全て代行業者に委託しています。

この事例は完全に代行にお任せした場合として見て頂ければ幸いです。

物件所在地 曙橋
期間 2014.12.27-2015.4.27(4か月間)
売上 $8095=1,031,400円
 

運営コスト

家賃110,000円×4=440,000円
清掃5,000円×18組=90,000円
英語対応サービス(売上の15%)=154,710円
合計 684,710円
純利益 346,690円 (月平均 86,672円)
稼働日 月23日~26日
宿泊人数 平均2名

初期費用は大体100万円程度かかるので、
単純計算の利回りとしては、月に約9%弱となります。

つまり、このペースで稼働した場合、
代行業者に全部お任せで、自分はほぼ何もしなくとも、
ほぼ1年で初期費用分は回収できる計算となります。

そうなれば、1年後には2件目も
追加の自己資金なしで開始できますね。

通常の不動産投資の場合、
都内では、年間利回りは6%前後が普通ですので、
airbnbの利回りは圧倒的であると言えます。

しかも、これは代行業者に完全に丸投げの状態での結果ですので、
もし、ご自身で清掃等をされるのならば、更に利回りは向上いたします。

ただし、時間は有限ですので、自宅の近所に物件があったり、
よほど管理業務がお好きでない限り、代行業者に依頼することをお薦めいたします。

なぜなら、その方が自分の時間を有効に使えますし、
代行業者はその道のプロなので、自分自身で作業を行うよりも
はるかに早く、また、質の高い仕事をして頂けるからです。

もし、利回りを上げようとして、自主管理にしたものの、
メール対応や、清掃などに追われてしまい、自分の時間が取れなかったり、
ゲストが満足するおもてなしの水準に満たず、稼働率が上がらなかったら、
投資目的でairbnbをはじめた場合、本末転倒ですよね。

では、代行業者の相場はどれくらいなのでしょうか?
次回はコスト面の詳細についてご紹介いたします。

~各分野のプロが集まったairbnb運用代行サービスはこちら

コメントはコチラ

*
*
* (公開されません)

Return Top