Airbnbのはじめかた

Airbnbの運用・始め方・コツを徹底伝授!

訪日外国人数過去最高更新!4月は257.9万人!

伸び悩み傾向にあった訪日外国人数ですが、
4月は大きく伸び、2016年7月の229.6万人を抜き、過去最高を更新したようです。

airport-1515431_640(1)

日本政府観光局(JNTO)によると、
2017年4月の訪日外国人数(は前年同月比23.9%増の257万8900人となりました。

この数値は昨年4月の208万1700人を49万人以上上積みとなっています。
単月としては初めて250万人超えを達成し、
過去最高だった2016年7月の229万6500人を抜いて最高を更新しました。

inbound_total_201704

訪日外国人数グラフトラベルボイスより
国籍別の訪日客数は、1位が韓国の554,600人で前年同月比56.8%増。
これは航空座席供給量の増加と、昨年4月の熊本地震の反動が影響しています。

2位は中国で、前年同月比2.7%増の528,800人。
3位は台湾で、前年同月比7.6%増の413,300人。
4位は香港で、イースター休暇が4月になったこともあり、
前年同月比64.6%増の209,400人と大きく伸びています。

5位は米国で、前年同月比23.6%増の141,000人。
イースター休暇や桜を中心とした、春の観光についての記事、
広告戦略が功を奏した、としています。

ちなみに、調査対象の20市場のうち、
13市場(台湾、香港、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、
米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、ロシア)が単月最高を記録。
その他7市場(韓国、中国、シンガポール、マレーシア、豪州、イタリア、
スペイン)は4月として最高となっています。

ホテルの稼働率を見ると、

全日本シティホテル連盟による、4月の全国平均客室利用率は、
対前年同月比1.0ポイント増の83.8%だったとトラベルビジョンが報じています。

また地域別では関東の91.9%がトップとなっており、
次いで、九州90.2%、近畿86.2%、東海81.5%となっています。
 
2大都市圏は、東京都が同1.7ポイント増の93.4%、
大阪府が5.0ポイント増の89.4%となっており、
東京、大阪の宿泊需要は旺盛なことが伺われます。

民泊新法もあり、今から特区民泊や簡易宿所でない、
「民泊」を開始することはお勧めできませんが、
特区民泊や簡易宿所であれば、インバウンドニーズを取り込むチャンスは
まだまだあるといえるでしょう。

特に5月から8月は家賃が下がるシーズンですので、
もし、賃貸での開業を考えているのであれば、
この時期に物件をおさえ、ランニングコストを下げて
開業するのもありかもしれませんね。

特区民泊投資
無料相談キャンペーン実施中!


ホテルの稼働率データから見ると、
東京や大阪、九州が民泊投資には狙い目エリアといえます。

そんな中で、現在当協会が着目しているのは大阪の特区民泊です。
なぜ、大阪の特区民泊がねらい目なのか、詳細はこちらの記事に譲るとして、
大阪での特区民泊にご興味がある方はお気軽にご連絡下さい!

実際の収益事例や物件情報、諸経費など、特区民泊投資の詳細について、
あなただけにカスタマイズした情報をお伝えいたします。

しかも今なら無料キャンペーン実施中!

これから大きなチャンスが訪れる特区民泊投資をこの機会に開始され、
急成長中のインバウンドマーケットからの収益を得てみませんか。

ご興味がある方は以下よりご連絡下さい。

お問合せフォーム:http://airbnb-start.com/about-us/contact/
メール: info@airbnb-start.com
お電話:050-3532-7556

物件情報メルマガ発行中!

特A物件をメルマガにて紹介しています。
サイトには出てこない物件も多数ありますので、
民泊用の物件を探しているのだけど、今ひとつピンとくるものがない、
そんな方はぜひ、メールマガジンにご登録ください!

選りすぐりの物件をご案内いたします。

登録は以下のフォームからどうぞ。

http://airbnb-start.com/about-us/contact/

コメントはコチラ

*
*
* (公開されません)

Return Top